ドリアンの備忘録

日々の生活のお役立ち情報や趣味の話をしています

花火大会 観光

大曲花火2018の日程や見所を紹介 一生記憶に残る花火大会

投稿日:2017年5月11日 更新日:

夏になると日本全国で「花火」の音が聞こえてきますね~

そんな日本の花火大会でも「日本全国の花火師が腕を競い合う」花火大会があることをご存知でしょうか?

それは・・・
「日本三大花火大会」の一つとして有名な
「全国花火競技大会」です!
※一般的には「大曲の花火」として知られています。

全国の花火師が集う花火のオリンピック

大曲の花火大会は他の花火大会とは違う特徴があります
それは「全国の花火師たちが競い合う」という特徴なのです
日本一の花火師を目指して花火師たちがそれぞれの技術を結集させた花火を見る事ができ
全国の花火師が本気を出した花火は、それは美しく素晴らしい花火が毎年上がり、いつしか日本最大級の花火大会となったというわけです。
そして最も優秀な成績を収めた方には「内閣総理大臣賞」の名誉が与えられます。
「内閣総理大臣賞」が贈られる大会は「大曲の花火大会」と「土浦全国花火競技大会」の2つだけ

日本三大花火大会の一角だけあり、花火の規模も日本最大級です^^

2017年の日程は?

第91回全国花火競技大会は
8月26日(土曜)
昼花火:17:30~
夜花火:18:50~
打ち上げ数:18000発
となっています。

※基本は雨天決行ですが、あまりにも荒れた場合は中止となるので天気予報を見て、心配なら電話等で問い合わせをしてみるのがよいでしょう。

大変混雑が予想されるので、早め早めの行動が推奨されます。

場所はこちら

全国でもここだけ!昼花火

「大曲の花火大会は昼花火の部というものがあります。

昼花火は昔から花火通の粋人が好む花火です。
煙竜(煙物)
色煙(紅・黄・青・緑・紫など)が昼の空に色鮮やかな模様を描き出します。

割物
割物とは夜の割物花火と全く同じ手法で、光の代わりに色煙で牡丹や菊をあらわすものです
手の込んだ技術的にも高度なものです。
花火の形と鮮明な色彩に注目して見るのがポイントですね

スポンサーリンク

こちらに昼花火の動画を貼っておきますね

夜花火は一生記憶に残る事間違いなし!

全国でも珍しい「昼花火」の後は、メインの夜花火がやってきます!
夜花火では十号玉二発と創造花火を見る事ができ、全国の花火師の腕の見せ所でもありますね

十号玉二発の部では
一発目は「芯入割物の部」(伝統花火)
二発目は「「自由玉の部」(自由創造的なもの)
この二発を全国の花火師たちは打ち上げ競い合うわけです。

動画を載せておきます

そして・・・
最大のメインである
「創造花火」が最後に待ち受けています!
創造花火とは、花火と言えば「まるい」という概念を破った花火なのです!
形態・色彩・リズム感・立体感など、花火師の創造性が試されます

2016年の動画を載せておきますね^^

そしてこれらの花火で最も美しく評価が高かった花火師には「内閣総理大臣賞」という名誉ある賞を戴くことが出来るのです。

まとめ

今回は日程と見所を中心に紹介しました
この花火は見に行って損をすることはまずないと断言できます。

ただし、当日はとんでもない人の多さで、現場は込み合います。
有料のイス席を取れたなら最高の場所で花火を見る事が出来ます
更にイス席を取れなくても、河川敷のキャンプエリアや大曲のファミリーキャンプ場など無料で花火を見る事ができる場所はあります!
イス席を取れた方も、トイレ対策や雨が降った時に備え、イスを拭けるタオルやご自身が濡れないようにカッパの用意をしておくのがオススメです。
花火が終わったあとは、10万人以上の人が一斉に帰りだすので、大混雑します
イス席の方は1時間くらいは席に待機して混雑が解消してから席を立つのが楽に帰れる方法の一つです
渋滞を避ける方法として「遠くの駐車場に停める」という手もあります。
渋滞の原因は、市内から出ようとしている車と高速に向かう車ですので、対策はやはり渋滞がおさまるまでは待機するのがよいですね^^;

ただし、それでもなおこの花火は一生に一度は見ておいて損はない花火なので、是非お時間がある方は見に行かれてはいかがでしょうか?

-花火大会, 観光

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

臥龍桜2018年の見頃と桜まつり、アクセスや駐車場などについて紹介

幹枝の形が「龍が伏した」姿に似ていることから由来している「臥龍桜」 見頃の時期になると数万人もの方々が花見に訪れる「飛騨高山」を代表する桜の一つです 今回は2018年の「臥龍桜」の見頃、花見の時期に行 …

平塚七夕祭り2017 日程と見所は?

              関東三大七夕祭りの一つ「湘南ひらつか七夕まつり」 今年で67回目の開催になる「ひらつか七夕まつり」の日 …

旭川冬まつり2018の開催時間 駐車場やシャトルバスの利用について

毎年2月に行われる旭川冬まつり 大雪像や氷像など雪や氷を使ったイベントが盛りだくさん 芸能人なども毎年ゲストとして登場して会場を沸かせています 毎年非常に盛り上がるイベントでもあるので、開催時間や駐車 …

第56回美濃市中日花火大会の日程や穴場スポットを紹介

今年で第56回を迎える「美濃市中日花火大会」 スポンサーリンク 美濃橋下流で打ち上げられ、メッセージ花火やカウント花火など見所たくさんの花火大会に是非行ってみてはいかがでしょうか? 美濃の山々にこだま …

「いなべ市梅林公園」東海地区最大のオススメお花見スポット

そろそろ「お花見」の季節がやってきますね! 有名なお花見の場所では、もうじき「席どり」競争が始まる時期でもあります。 私も毎年お花見をするのが恒例行事となっていますが 田舎の地味な場所で花見をするので …

検索

カテゴリー

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31