ドリアンの備忘録

日々の生活のお役立ち情報や趣味の話をしています

観光

ゴールデンウィークに行きたいオススメの穴場スポットを紹介!三重県編

投稿日:2017年3月31日 更新日:

あと1か月ほどで、待ちに待った「あれ」がやってきますね!

2017年は「1日、2日」も休みなら、最長で9日!

皆さんも、そろそろ「ゴールデンウィーク」に行く場所を計画中ではないでしょうか?

中には「ゴールデンウィークにどこか行きたいけど混む場所は嫌だな~」と考えている方もいるのでは?

私も出来れば「人混み」は避けたい性格の人間です。

スポンサーリンク

ゴールデンウィークは東海地方に行こう!

東海地方は「関東」や「近畿」からもアクセスがしやすく

全国的に有名な観光スポットも多数存在します。

「白川郷」や「明治村」「伊勢神宮」などに行く予定の方もいるんじゃないでしょうか?

今回私が提案させて頂くのは「東海地方の三重県」の比較的「混雑しない」穴場の観光スポットを紹介したいと思います。

オススメスポットNo.1 赤目四十八滝

日本の「四十八滝」に数えられており、複数の滝が見れる渓谷です。

この「渓谷」は全長が4kmで四季折々の風景が楽しめる「ハイキングコース」になっているので、運動にもいいですね。

「ハイキングに適した服装や靴」それに「マナー」を守って楽しみましょう。

見所は「赤目五瀑」

「赤目四十八滝」には「赤目五瀑」と呼ばれる、比較的大きな滝の総称で

不動滝・千手滝・布曳滝・荷担滝・琵琶滝は必見です!

どれも違う景観なので、あなたのお気に入りの「滝」を探されてはいかかでしょうか?

そして「赤目五瀑」全て周るころには「マイナスイオン」をたっぷり浴びて心身共に癒されているのではないでしょうか

さらにこの「渓谷」には「オオサンショウウオ」の生息地であり「オオサンショウウオセンター」という全国でも珍しい「オオサンショウウオ」のミュージアムがあるので、こちらもおススメです。

入山料金

渓谷内の環境保全、安全管理、清掃の目的で「入山料金」が掛ります。

・大人:400円
・子供(小・中学生):200円

団体料金
「30名以上」 で1割引き
「100名以上」で2割引
「300名以上」で3割引き

となっています。

スポンサーリンク

オススメスポットNo.2 ルーブル彫刻美術館

三重県津市にある美術館で、展示されている作品は

有名な「ルーブル美術館」の本物の作品から直接型取りして、大きさや傷に至るまで実物と同じであるのが特徴です。

有名な「ミロのビーナス」や「考える人」「ネフェルティティの胸像」のレプリカなどが多数展示されていて

テレビや教科書でしか見たことがなかった、歴史的な作品を「パリ」ではなく日本に居ながら直接見ることが出来る稀有な場所です(レプリカですが)

レプリカゆえに、直接手で触れる事も出来るので、美術や歴史に興味のある方はオススメのスポットです。

さらに、本場の「パリ・ルーブル美術館」から正式に認められている美術館で、由緒正しい場所なのです

実は私はまだ行った事が無いので、今年の「ゴールデンウィーク」に行ってみたい場所です

オススメスポットNo.3 志摩地中海村

三重県と言えば「スペイン村」が有名ですが、実はこの「志摩地中海村」もあまり知られていないだけで、とても綺麗な場所で穴場スポットの一つです。

かつては「別荘地」として使われており、関係者以外は「立ち入り禁止」の場所だったのが

ここ数年で「宿泊施設」として使われるようになり一般の方も入れるようになってからは、徐々に脚光を浴びつつあります。

実際に行った人の話を聞くと「いきなり海外に行ってしまったような感じ」という感想で、私もいつか行ってみたいと思っています。

「地中海村」の写真を見せてもらったときは、本当に「海外旅行」してきたか?と思うくらい街並みが地中海そのものでした

「海外に行ってしまったように感じる理由」

この場所を設計したのは「スペインの設計士」ルイス・コルベージャという方で

本物に徹底してこだわり、設計したため地中海の街そのものが出来上がったというわけです。

そのため外観だけでなく、家具や衣装もすべて「スペイン産」のモノを使っているというこだわりっぷり

さらに、地中海沿岸の各国のお土産を買うこともできるので、まさに日本にいながら海外旅行をしている気分に浸れる場所ですね。

まとめ

以上3つのオススメスポットを紹介しましたが、どこか行ってみたい場所はありましたでしょうか?

今年もゴールデンウィークは最長で9連休。

暇を持て余している方は、このオススメスポットに行ってみてはいかがでしょうか?

-観光

執筆者:


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大曲花火大会 子供が小さくて連れていけない! そんな親御さんの為に花火が部屋から見えるホテルを紹介!

                    2019年以来3年ぶりの開催となった大曲花火大会 スポンサー …

2019年 岡崎花火大会 穴場スポットや周辺のグルメスポットについて解説

正式名所「岡崎城下家康公夏まつり」の花火大会について紹介していきます 市内2か所の河川敷から打ち上げられる花火が岡崎城を背に咲き乱れます 徳川家康生誕の地「岡崎」が誇る全国でも有数の花火大会でもあり、 …

臥龍桜2018年の見頃と桜まつり、アクセスや駐車場などについて紹介

幹枝の形が「龍が伏した」姿に似ていることから由来している「臥龍桜」 見頃の時期になると数万人もの方々が花見に訪れる「飛騨高山」を代表する桜の一つです 今回は2018年の「臥龍桜」の見頃、花見の時期に行 …

必見!2022年版 モネの池の見頃と時間帯 撮影ポイントなどを紹介!

まだまだ人気が衰えず、週末は観光客の方で賑わっている「モネの池」ですが 見頃の時期と綺麗に撮れる時間帯があることはご存知でしょうか? せっかく遠方から来たのに美しい瞬間を見れないと損ですよね~ という …

一度は観たい!2019年全国のオススメ花火大会10選!

夏の風物詩「花火大会」 7月や8月は全国津々浦々で様々な花火大会が開催されています。 地元の岐阜では7月と8月に行われる「全国選抜長良川中日花火大会」と「全国花火大会」が有名です。 今回は全国の花火大 …

検索

カテゴリー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031