ドリアンの備忘録

日々の生活のお役立ち情報や趣味の話をしています

花火大会

熊野花火大会2019 日程・場所取り・アクセスについて 

投稿日:


今年も熊野花火大会が開催されます!

2018年は17万人が見物に訪れた日本でも屈指の花火大会なので、渋滞や混雑は必至です

「気が向いたから行ってみよう!」って感じではなく、相当気合を入れて準備をしないと間近で見れない花火大会なので

今回は、2019年の熊野花火大会の日程や場所取り・アクセスについて解説していきます

なるべく間近で迫力のある花火を見れるよう事前に情報を仕入れておきましょう!

スポンサーリンク

2019年の日程

<開催日>
8/17(土)
<時間>
19:10~21:30
※雨天決行(荒天・高波の場合は8/18.26.27のいずれかに変更)

<注目ポイント>
この花火大会に行かれる方ならご存知だと思いますが

ポイント1「三尺玉海上自爆」
大海原を2隻の船が疾走し点火した花火玉を次々と海へ投下、海中で爆発した花火が半円を描きます
その「海上自爆」で、最もすごいのが「三尺玉海上自爆」です

400mの沖合に浮かべたイカダに「250kg」もの花火玉を爆発させます
その際の花火の直径は600mにもなるほどで、400m離れていても風圧がものすごいことで知られています

ポイント2「クライマックスの鬼ヶ城大仕掛け」
鬼ヶ城の岩場に仕掛けられた8号玉から2号玉の花火が次々に爆発し、熊野花火大会のクライマックスを締めくくります
浜辺の岩場に爆発音が共鳴し、爆風と轟音が浜辺に響き渡ります
スケールの大きさに驚く事間違いなしです

場所取りはいつから可能なのか?

2018年は8月12日の午後5時(花火大会の5日前)から場所取りが解禁されました

2019年も去年と同じなら8月12日の午後5時から場所取りが開始されます

 

<場所の確保は早くしないと間に合わないのか?>
花火大会の「5日前から場所取りが解禁される」と言われると
早めに確保しないとダメかも?と思ってしまいますが、意外と当日の夕方からでも座って見られるスペースはあります
2~3人くらいならブルーシートも敷けるくらい余裕はありますよ

ただし、開始ギリギリだと良い場所は無くなっているかもしれません・・・

ですが「朝から確保しないとダメ」「前日から確保しないとダメ」という事は無いようなので、少し遅れて到着してもも安心ですね

<注意>
ルールを無視して12日以前から場所取りをしてしまうと、会場の整地などで邪魔になるため
撤去されますので、しっかりルールを守りましょう!

アクセスについて

名古屋方面からお越しになる場合は42号線はお昼ごろから渋滞が始まるようです
ツイッターなどをみても「渋滞で動けない」などの書き込みをよく見ました

なので42号線からアクセスする場合は、午前中には現地に到着する計画を立てなければ、苦労して会場に着いた頃には駐車場が埋まってるなんてことも・・・

和歌山方面からアクセスする場合は渋滞に巻き込まれずに会場まで行けたという情報もあります

上富田ICから降りた場合は「311号線~168・169号線~311号線」というルートで行くと渋滞に巻き込まれずたどり着けるようです

スポンサーリンク

帰りの渋滞について

行きに渋滞にハマらずに辿り着けても問題は帰りの渋滞です、帰りはみんな同じ時間に帰ろうとするので特に42号線は大渋滞になります
万が一渋滞中に「トイレ」などに行きたくなっても渋滞で万事休すなんてことも・・・

そんな時の為に「熊野市観光協会」が迂回路の情報をサイトで掲載されています

名古屋方面から大阪・奈良方面への迂回路の情報が載っているので帰りの渋滞を少しでも回避できるよう確認しておきましょう
渋滞回避の迂回路

駐車場について

駐車場は、臨時・市営・民営などを合わせると、ネットに載っている情報よりも意外と多く存在するので

「早く到着しないと停めれない」という事は無さそうです

しかし、民営の場合は高い駐車代をとっている場所もあるので値段が気になる方は

やはり早めに到着して「臨時駐車場」「市営」の駐車場に停めるのがオススメですね

有料観覧席について

絶好のポジションから見たい!というかたは「有料観覧席」がオススメです

場所をとる必要もないので、熊野花火大会を最高の場所から見たい方は是非有料席を買ってみてはいかがでしょう?

2019年は7月1日から発売が開始されます。

きっとすぐに完売になってしまうので、有料席から見たい方は気合を入れて臨みましょう!

有料観覧席の購入は「チケットぴあ」「イープラス」「熊野市観光協会の窓口」などで販売されます

詳細が決定されると「熊野市観光協会HP」にて案内されるので、こまめに確認しておきましょう

-花火大会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

長岡まつり大花火大会 2019年の日程と見所を紹介

日本の夏の風物詩「花火」 夏の夜を彩る花火はとても美しいですね 夏の時期は、日本各地で行われている花火大会ですが 無数にある花火大会の中から「歴史」「規模」の大きさなどから、3つの花火大会がいつしか「 …

熊野花火大会  有料浜席や穴場スポット 帰りの交通情報について

300年もの歴史がある熊野大花火大会はスケールも圧倒的! 三重県熊野市の七里御浜で開催される「熊野大花火大会」はお盆の初精霊供養の灯籠焼きや追善供養の打ち上げ花火が始まりと言われています。 「熊野花火 …

一度は観たい!2019年全国のオススメ花火大会10選!

夏の風物詩「花火大会」 7月や8月は全国津々浦々で様々な花火大会が開催されています。 地元の岐阜では7月と8月に行われる「全国選抜長良川中日花火大会」と「全国花火大会」が有名です。 今回は全国の花火大 …

2019年 濃尾大花火 日程とおすすめ穴場スポット

8月14日は「一宮市」で行われる「濃尾大花火」の日です スポンサーリンク 夜空一杯に開く大輪が木曽川の水面を美しく照らします♪ 日程と見所、オススメの鑑賞スポットを紹介していきます。 関連

東海地方で人気の花火大会7選!2019年版 日程や見所を紹介!

2019年も夏の夜空を彩る「花火大会」がやってきました! 今回は「東海エリア」で人気の「花火大会」を7つピックアップしました。 各花火大会の日程や見所を紹介していきます。 今年の花火大会はどこに行こう …

検索

カテゴリー

2019年9月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30