ドリアンの備忘録

日々の生活のお役立ち情報や趣味の話をしています

バイク

40歳を超えるとバイクの免許は難しい?費用や取得までの期間など

投稿日:2017年3月23日 更新日:

バイクに乗りたいと思いつつも気づいたらアラフォーになってしまい、バイク免許の取得を諦めかけているあなた!

まだまだ諦めるには早いですよ

今回は40代からでもバイク免許を取得できるか費用や取得期間など詳しく解説していきます♪

スポンサーリンク

最近は暖かい日が多くなり「バイクシーズン」が徐々に近づいてきていますね

仕事中、天気がいい日はつい「ツーリング行きたいな~」と思ってしまいます・・・

私は20歳の時に中型免許を取得し、3年後に「大型免許」を取得しました。

ただし年齢が上がってくると、お子さんの養育費などで金銭的に余裕が無くなったり、仕事に時間を取られたりと様々な理由で「二輪免許取得」を諦めている方もいるかと思います。

そこで本題に入ります

40歳以上でも「バイクの免許」は取得することが出来る?

結論から言いますと

40歳からでも二輪の免許の取得は無理じゃありません!

むしろこの年齢から取得される方も多いみたいです。

40歳になってくると、早い方だと「お子さん」が就職したりして、多少は金銭的に余裕が出てくるため

「免許取るなら今しかない!」って一念発起して取得されるみたいですね

私の周りにも「二輪免許」を取得した、40代の方が何人もいます!(女性の方も)

ちなみに、私が二輪の免許を取りに自動車学校に行ったときは、私を含めて5人中、3人が40代以上のおじさん達でした(残り二人は私と私の連れでした)

全員初心者なので、一本橋とか坂道発進やクランクでエンストしてコケたりしてましたが。

最後は5人とも試験を一発でクリアして、5人全員で卒業することが出来ました。

一緒に練習したおじさんたちは、まだまだ会社でバリバリ働いている方たちで

休憩中に、いろいろ話を聞いてると

「奥さんを何とか説得してきた」とか
「1年くらい二輪免許の費用をコツコツ貯金してきた」とか
「奥さんが免許持ってるから俺も免許取ってツーリングしたい」という人もいました。

やはり「家族からの許可(特に奥さんからの許可)」という最大の難関をクリアするまでが結構大変なんですね・・・

そこで「奥さんを納得させる」コツを紹介♪

「バイク」に乗りたいという熱意をハッキリと伝えましょう!
さらにもうひと押し欲しい場合は
・趣味や趣向品(タバコやお酒)を代りに止めるとか
・免許の取得資金はお小遣いからなんとかするという
・金銭面ではバイクの方が車よりコストが安い
などなど、奥様に何か譲歩する手が良いのではないでしょうか。

あとは勢いです!そうすればきっと「しぶしぶ」了承してくれるかと思います・・・

さすがに夫婦の間に亀裂が入るような状況になってしまうと危険ですので

その時は、日を改めたり作戦変更して挑んではいかかでしょうか。

諦めてはいけません!

見事難関をクリアした先は、教習所や自動車学校でバイクの練習あるのみです!

そこで気になる免許取得までに掛かる日数をまとめてみました。

二輪免許取得に掛かる日数は(普通免許取得済みの場合)

やはり、時間が自由に使える人が有利ですが

40代ともなると仕事や休日も家の仕事などで、なかなか時間が取れない場合もあるかと思います。

ちなみに私が知ってる人は
「休日に教習所へ通って練習して取得した」という人や
「自動車学校に週2で2時間ずつ受けて、1か月くらいで取得した」
「中免を持ってる方で、会社に無理言って定時で上がり毎日自動車学校で2時間練習して1週間で取得した」という猛者の方もいます。

40代の方であれば、だいたいの方は普通車の免許を持っているはずなので「学科」は免除されるので

技能だけの場合
中免の場合
掛かる日数:およそ10~15日程度
掛かる費用は約12万円程度
大型の場合
掛かる日数6日~12日程度
掛かる費用は10万程度

恐らくこの範囲内で免許を取得することが出来ます。

自動車学校によっては、過去に卒業経験がある方は割引が出来る学校もあるので、調べてみてはいかがでしょうか。

一発試験での取得の場合

教習所で練習して一発試験での取得を狙われている方もいるかと思います

確かに一発試験なら、時間もお金も自動車学校に通うより断然安く済みます。
・試験手数料:2950円
・交付手数料:2050円
・試験車使用料:1550円
・取得時講習受講料:15900円(試験合格後に受ける講習代金)
合計:2万2450円の費用が最低掛かります。
日数も最短で4日で取得可能です。

ただし、最近は昔より審査が厳しくなっており、教習所での練習代金もあるので
もしかすると自動車学校に通った方が安く済む方もいるかもしれません。

まれにその名の通り「一発」で受かってしまう方もいますが・・・

確実を取るなら、自動車学校で取得する
腕に自信があるなら、時間とお金を節約できる一発試験

ちなみに私の父親は一発試験での取得を狙ってたんですが、何回も落ちて最終的に自動車学校に行ってました・・・
これが一番時間とお金を失う悪い例ですね。

スポンサーリンク

バイクの運転は40歳でも体力的に大丈夫なのか?

40代にもなってくると、体力が日に日に衰えはじめ「上手くバイクを制御できるのか?」と不安になっている方もいると思います。

しかし!
意外にも、週末にドライブを楽しでいると、ツーリングの集団がよく「道の駅」や「サービスエリア」で休憩している光景を見ますよね

「かっこいいバイク」に「かっこいいライダースーツ」

「きっと若いイケメンライダーなんだろうな~」と思ってみていると・・・

ヘルメットを取り素顔が明らかになると・・・

意外にも、ほとんどの方が40代50代の方たちなのです!!

なかには300㎏を超えるような大型バイクを軽々と乗りこなす方や、中には60代のライダーさんもいます

筋力的に男性より不利な女性も、大型バイクに乗って颯爽と乗りこなしていますし、40代だからと言って体力的に無理なんてことは全く問題ないので安心してください。

しかも、最近のバイクは軽量化も進み、とても乗りやすく設計されているので、初心者の方でも簡単に乗りこなすことが出来ます。

まとめ
もう自分は歳だしバイクの運転は無理だな~と思ってる方、それは間違いです!
40代からでもバイクの免許取得は可能ですし、バイクの運転もまだまだ大丈夫です!

「夢」を「夢」で終わらせないように、この記事がお役に立てれば幸いです。
もし免許が取得できれば、きっとあなたの今後の人生が変わるはずです。

ただし、安全運転で周りに迷惑を掛けないように心がけていきましょう!(^▽^)/

-バイク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コキアパークの見頃や営業時間 入園料は?ツーリングの目的地には最適?

もうすぐ「ツーリング」するのが気持ちいい季節がやってきますね。 週末になると、たくさんのライダーさん達を見かけるようになりました 私のバイクもそろそろ冬眠から目覚める時が近づいてます ところで、皆さん …

VMAXは低身長でも乗れる? 足つき対策と重量感について

怒涛の加速というキャッチコピーと共に登場した「VMAX」 初代は販売から30年が過ぎようとしていますが、今でも熱狂的な支持を集めているバイクの一つです そしてVMAXといえば「重い」「ゴツイ」「取り回 …

NINJA250Rに乗った感想 燃費は良い?乗り心地や加速について

バイクの排気量クラスの中でも人気のある「250cc」 「値段」「燃費」の良さから購入を考えている方も多いのではないでしょうか? 私も数年前に「NINJA250R」を購入して、現在でも普段の足として活用 …

目黒川の桜 満開時期はいつ?桜祭りやライトアップについて紹介

全国のお花見人気ランキングで1位を獲得している「目黒川の桜」 満開の時期になると大勢の花見客で賑わいます 今回は初めて目黒川の桜を見に行く方へ満開の時期やライトアップの時間 オススメの撮影スポットなど …

【初心者必見!】一眼レフで撮る夜景撮影の基本!必要な機材や設定の紹介!

山の上やビルの屋上から街の風景はとても美しくつい写真を撮りたくなりますよね しかし、カメラで撮った夜景は思ったより綺麗じゃなかった・・・ という経験をした方はいらっしゃいますか? ということで、今回は …

検索

カテゴリー

2018年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031