ドリアンの備忘録

日々の生活のお役立ち情報や趣味の話をしています

観光

支笏湖氷濤まつり アクセスやライトアップについて解説

投稿日:2018年1月10日 更新日:


県外から飛行機で支笏湖氷濤まつりに行かれる方は、バスの利用がおすすめです

特に雪が少ない地域からお越しの方は、アイスバーンに慣れていない為、レンタカーで事故をする方も少なくありません

今回は県外からお越しの方へ「支笏湖氷濤まつり会場」に安全に行けるよう公共交通機関などの提案をしていきたいと思います

スポンサーリンク

新千歳空港からのバスはある?


支笏湖氷濤まつりへは「新千歳空港」から「中央バスグループ」の定期便の利用がおすすめです

新千歳空港から支笏湖行きのバスが出ているので。支笏湖線に乗りましょう

バスは北海道中央バスの路線バス(系統番号:空4)行きは支笏湖行き、帰りは新千歳空港行きになります

ただし、バスは1日4往復しかないので、乗り遅れには注意しましょう!

【行き】
新千歳空港(28番乗り場):8:40 11:40 14:35 16:30

新千歳空港国際線ターミナル:8:42 11:42 14:37 16:32

南千歳駅:8:45 11:45 14:40 16:35

千歳駅前:8:51 11:51 14:46 16:43

本町2丁目:9:00 12:00 14:55 16:52

錦町十字街:9:03 12:03 14:58 16:55

新星:9:10 12:10 15:05 17:03

支笏湖:9:35 12:35 15:30 17:28

所要時間:約55分

【帰り】
支笏湖:9:50 12:50 15:45 17:45

新星:10:12 13:11 16:06  18:06

錦町十字街:10:19 13:18 16:13 18:13

本町2丁目:10:22 13:21  16:16  18:16

千歳駅前:10:31 13:28 16:23 18:23

南千歳駅: 10:37 13:34 16:29 18:29

新千歳空港国際線ターミナル:10:42 13:42 16:37 18:37

新千歳空港(28番乗り場) : 10:45  13:42 16:37  18:37 

所要時間:約55分

【運賃】新千歳空港~支笏湖が片道1,030円

※「花火」が打ちあがる「土日」は支笏湖周辺は渋滞が発生します。
そのため、最終便は混雑具合によっては「花火」が見れないこともあるので覚えておきましょう

スポンサーリンク

バスで来てもライトアップや花火は見て帰れる?

氷嚢まつりに来たからには「ライトアップ」や「花火」を見ないと来たかいがないですよね

「ライトアップ」は16:30~22:00まで点灯されていますが

「花火」は18:30~とバスでお越しの場合は見ていると、帰りの便が無くなってしまいます

しかし、花火が打ち上げられる「土日」は臨時便が運行しているので、バスでお越しの場合でも「花火」をなんとか見て帰ることが出来ますよ♪

臨時便運行時間
【行き】
新千歳空港:15:10

新千歳空港国際線ターミナル:15:12

南千歳駅:15:15

千歳駅前:15:21

本町2丁目:15:30

錦町十字街:15:33

新星 :15:40

支笏湖:16:05

【帰り】
支笏湖:16:05

新星 :15:40

錦町十字街:15:33

本町2丁目:15:30

千歳駅前:15:21

南千歳駅:15:15

新千歳空港国際線ターミナル:15:12

新千歳空港:15:10

今年は第40回記念イベントが開催

今年で40回を迎える支笏湖氷濤まつりは、お祭り開催期間が終わった後に特別イベントが開催されます!

特別イベントの開催期間は
2月21日~2月25日の5日間

「支笏湖 青の祭」というイベントで、青と白を基調にした氷像を見ることが出来るので、時間がある方は是非見に足を運んでみてはいかがでしょう?

服装について

雪の少ない地域からお越しの方は、予想以上に現地は寒い事を念頭に入れておきましょう

北海道など気温が低い地域では「重ね着」が基本です

インナーはヒートテックなど薄手の長袖を着ていきましょう

また、インナーの上には「長袖のニット」や「タートルネックのフリース」などを着ていくと良いですよ

暖房の効いた室内やバスの中でも、暑くなったらすぐに脱げるのでおすすめです

そして、上着は「ダウン」など防寒がしっかりしたものがおすすめ

コートも良いですが、あまり薄すぎると寒いので、ある程度厚みがあるものを選びましょう

パンツはなるべく、厚めのものを履いていくことをおすすめします

さらに普段着の下に「タイツ」を一枚履くことで保温性がアップするのでおすすめですよ

とくに「スキー用のタイツ」は保温性も高く、伸縮性も良いので一枚用意しておいて損はないでしょう

タイツの上に履くものは「暖かい素材」のパンツが良いです

保温性を重視するなら「スキー」や「スノボー」用のパンツがおすすめ

他にも「マフラー」「手袋」「耳当て」などがあれば、さらに防寒性がアップするので、寒さに苦手な方は是非用意しておきましょう

まとめ

北海道の路面はとてもすべりやすく、雪道や凍った路面に慣れていない方は、かなり危険です

バスも100%安全ではないですが、運転手はプロのドライバーですし、雪道や凍った路面は我々よりも遥かになれています

北海道が初めて、凍った路面が怖いという方は、是非バスを利用して安全に「おまつり」を楽しんできてください♪

-観光
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

花火を綺麗に撮影する方法 一眼やスマホでの撮り方を紹介

夏のシーズンは「花火大会」に行かれる方も多いかと思います。 日本の風物詩でもある花火はとても美しいですね^^ その花火を見ているだけじゃもったいない! と思い「一眼」や「スマホ」で撮影しようとする方も …

no image

春の高山祭2019 おすすめの駐車場や交通規制など紹介! 

岐阜県高山市で春と秋の年2回行われる「高山祭」 豪華な装飾が施された「屋台」の「曳き揃え」や「からくり奉納」など見所が沢山あるお祭りです お祭り期間中は大勢の来場者で賑わうため、車で行く場合は駐車場や …

ゴールデンウィークに行きたいオススメの穴場スポットを紹介!三重県編

あと1か月ほどで、待ちに待った「あれ」がやってきますね! 2017年は「1日、2日」も休みなら、最長で9日! スポンサーリンク 皆さんも、そろそろ「ゴールデンウィーク」に行く場所を計画中ではないでしょ …

全国選抜長良川中日花火大会2018 見所やオススメ鑑賞スポットを紹介 

今年で第61回目となる全国選抜長良川中日花火大会が目前に迫ってきました! 今年も全国から花火師たちが腕を競い合いに長良川に集結します! 「創作スターマインコンクール」では花火師たちの技を楽しみつつ 大 …

地中海村は日帰りでも楽しめる?見所や食事について解説

三重県志摩市にある「地中海村」 かつては「別荘地」として使われていた「関係者以外立ち入り禁止」の場所だったのですが・・・ ここ数年で「宿泊施設」として使われるようになり、現在では一般の方も入れるように …

検索

カテゴリー

2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930