ドリアンの備忘録

日々の生活のお役立ち情報や趣味の話をしています

お花見 観光

河津桜まつり2018の渋滞の混雑具合や駐車場について解説!

投稿日:2017年12月8日 更新日:


日本のどこよりも一足早く桜を見ることが出来る静岡県河津町の「河津桜」

2月初旬から開催される「河津桜まつり」とあわせ期間中は大勢の人で賑わいます

また、開花時期が1カ月と長く、お祭りも1カ月開催されるので、非常に人気があります

今回は川津桜まつりの渋滞や駐車場への混雑具合について解説していきたいと思います

せっかく行っても、渋滞にハマったりや駐車場になかなか停めれず苦労しないよう、是非この記事を参考にして頂ければ幸いです

スポンサーリンク

河津桜まつりの渋滞は酷いのか?


平日は混雑はするものの、駐車場に停めれないほど酷くはありませんが

土日のピーク時は海岸沿いのR135・山越えR136~414、両方とも大渋滞が発生するので、できれば沼津インターを7時前には通過していれば、渋滞に巻き込まれる心配はないでしょう

到着すると店はまだあまり開いていませんが、駐車場の確保は必ず行いましょう。でないと長時間の駐車場探しの旅が始まります
※駐車場の利用開始時間は8:30から

もし、7:30の時点で沼津だったら高確率で渋滞にはまります

さらに8:00に沼津の場合、車が停められるのは12時過ぎでしょう

お子さんと一緒の場合は主にトイレなど困ることになってきます

たった1時間違うだけで天国が地獄に変貌してしまうので、車でお越しの場合は朝余裕をもって出発しましょう

 

3月上旬であれば見ごろも終わってますので渋滞は少ないと予想されます

スポンサーリンク

渋滞回避のポイント

桜が満開の時期の土日は、非常に渋滞が発生しやすいので、比較的空いている平日に行くか

3月上旬の見頃が終わった時期に行けば、渋滞にハマることは少ないでしょう

もしくは、周辺の宿泊施設を確保して泊りがけの旅行をするのも良いですね

また、河津桜まつり実行委員会が発表している渋滞回避方法としては、

・伊豆高原駅の大型駐車場に車を停めて、パーク&トレイン(伊豆高原駅からの割引往復切符を販売)を利用していく方法

・静岡方面からお越しの場合は、清水港~土肥港間の「駿河湾フェリー」の利用で、沼津ICあたりの渋滞を避けられるため利用をオススメしています

駐車場について

車でお越しの場合は、駐車場の確保も重要になってきます

また、駐車場から会場までどのくらい距離があるのか?

何台ほどの収容量なのか?

などなど気になりますね

駐車場は会場の周辺に10か所以上ありますが、土日など非常に混雑する日はすぐに満杯になってしまうため

駐車場から出てくる車の出待ちをしなければならないかもしれません

そうならない為にも、駐車場が利用できる8:30までには現地に到着出来ているようにしましょう

また、駐車場は「実行委員会の駐車場」は1日/700円で利用できるのですが

民間の駐車場は1時間ごとに100円という場所もあるので、もし朝早く到着して「駐車場」が選び放題な時は、実行委員会の駐車場を利用するのをオススメします

2018年の駐車場のMAPはこちらから

 

まとめ

全国でいち早く桜が見れるため、大勢の人で賑わう河津桜まつり

是非今回紹介した情報を参考に、スムーズに渋滞を回避して、河津桜まつりを楽しんできてください!

-お花見, 観光
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モネの池を上手く撮る方法 ベストポジションや撮影タイミングについて解説

岐阜県の新名所「通称:モネの池」 ゴールデンウィーク中は毎年大渋滞が起きているようですね・・・ というのも、モネの池までの道は、所々車幅が1台分くらいしか無い場所があるので、大きい車で行かれる方は注意 …

土浦全国花火競技大会2017年の日程と見所を紹介

  日本の夏の風物詩「花火」 夏の夜を彩る花火はとても美しいですね スポンサーリンク 夏の時期は、日本各地で行われている花火大会ですが 無数にある花火大会の中から「歴史」「規模」の大きさなど …

平塚七夕祭り2017 日程と見所は?

              関東三大七夕祭りの一つ「湘南ひらつか七夕まつり」 今年で67回目の開催になる「ひらつか七夕まつり」の日 …

御射鹿池の秋の見頃とアクセス方法 周辺に他の名所や飲食店はある?

今回は是非一生に一度は行ってみたい秋の絶景スポット「御射鹿池(みしゃかいけ) スポンサーリンク 以前テレビのCMにも使われた事がある、自然が生んだ「美」を一目見でも見に行きたい方へ、見頃やアクセス方法 …

木曽川桜まつり 開花時期やお祭りをチェック!駐車場は確保できる?

東海地区の花見の名所の一つ「木曽川堤」 春には400本を超える「ヒガンサクラ」「シダレザクラ」が堤防一帯に咲き誇ります 3月下旬から4月上旬まで「桜まつり」も開催され、大勢の人で賑わいます ぜひ満開の …

検索

カテゴリー

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31