ドリアンの備忘録

日々の生活のお役立ち情報や趣味の話をしています

バイク

バイクのカスタム記録 VMAXのおすすめカスタムを紹介!

投稿日:2017年3月17日 更新日:

バイクを購入したら、やっぱりカスタムしたくなってきますよね♪

「初代VMAX」は販売開始から30年ほどが経過しているので、様々なカスタムパーツが販売されています

私も何か所かカスタムを行いましたが「これはオススメできる」と思った、カスタムを今回紹介したいと思います

VMAXをカスタムしたいな~とお考えの方は是非参考にしていただければ幸いです

もし「VMAX」をカスタムしたいな~と思われている方のお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

ニーグリッププレート&効果

私はこの「ニーグリッププレート」が初めから付いているものだと思っていました・・・

なので初めてバイク屋さんが探してきてくれた「VMAX」を見た時は

「あれ?ねぇぞ?」とちょっとショックを受けました

そのあと、すぐにネットで「ニーグリッププレート」という名前のパーツだという事が分かり、さっそく注文。

私が買ったのは「ACTIVE アクティブ」のニーグリッププレート(スリットタイプ)です。

この「ニーグリッププレート」の効果ですが

名前の通り「ニーグリップ」がしやすくなるパーツです・・・

一応無くてもニーグリップが出来ないことはないのですが

足の長い方ならともかく私のような短足だと、ニーグリップしようにも、ちょうど膝がエンジンの真上あたりにくるので、やけどの危険性があります

おまけに「ニーグリップ」が出来ないばかりか、やけどの危険もある

これを装着することで「デザイン」も良くなり「安全性」もアップするという「一石二鳥」なカスタムです。

ガイラシールドでカッコよく快適走行

ある日ツーリングでこのシールドを付けている「VMAX」を見て一目惚れ。

オーナーさんに聞いて「ガイラシールド」と知る。

次の日にはネットで購入していました

私が買ったのはサイズがLのスモークスクリーン

この「ガイラシールド」は角度を無段階に変える事が出来るので、走行状態に合った角度に変える事ができる代物
防風性能も良好で、高速走行では活躍しています。

私は、カッコよさを取り「スモークスクリーン」を選んだんですが

風を避けるためにスクリーンの中に入ると「スモーク」なので視認性がかなり悪いことが発覚・・・

「カッコよさ」より「機能性」を取るなら「クリアスクリーン」を選ぶのがベストです。

ガイラシールドは取り付けが面倒

「ガイラシールド」の取り付けは「ウィンカー」の移設が必要なので少々面倒です。

途中まで自分でやってたんですが、挫折・・・

最終的に近所のバイク屋さんに頼んで付けてもらいました・・・

デルケヴィックマフラーで重低音がアップ

「OVER」のマフラーなども考えたんですが「もう少し財布に優しいのがいいな~」と探している時に
「デルケヴィック」というイギリスのメーカーが販売している「マフラー」を発見!

お値段も予算内に収まったので購入を決定!

※(私がこのマフラーを購入したときは、日本語サイトが在りましたが、撤退してしまったのか「2017年3月現在」サイトが見つかりません)

楕円型サイレンサー 350mmカーボンを購入。

純正マフラーを外すのは簡単でしたが、かなりの重量(12kg程)に驚きました。
「デルケヴィックマフラー」はそれに比べてかなり軽量(2本合わせて1,4kg程)なので「VMAX」の軽量化に一役買ったのは間違いないです。

問題の音

なかなかの重低音で、迫力のあるサウンドで気に入りました。
バッフルは六角で簡単に外せるようになっています。
バッフルを外せば更に迫力のあるサウンドになりますが。私はバッフル有の方が好きです。

しかし

私の「VMAX」の場合ですが、抜けがよくなりすぎたのか「アフターファイヤー」が目立つように・・・

Vブーストコントローラー

「初代VMAX」には「Vブースト」という6000回転から急激に加速がアップするシステムが搭載されています。
まさに「VMAX」を象徴するシステムなのですが、なかなか街乗りでは「6000回転」を出すのは難しく、高速道路でも、かなり真っ直ぐな道が無い限り厳しいです。

その「Vブースト」を「6000回転」の半分「3000回転」で効くようにするカスタムがあるのです。

それが「Vブーストコントローラー」というもので、自作することも可能で「自作に自身がある方」ならかなり安く作ることが出来ます。

ただ私は、そういった電子系の知識を持ち合わせていないので、ネットで購入しました。

取り付けも説明書に書いてある通りに、カプラーを指定された場所にはめ込むだけなので10分くらいで完了!

このとおり「ON・OFF」のシンプルな構造ですが・・・
「ON」で3000回転から「Vブースト」が効くようになり
「OFF」が通常の6000回転から「Vブースト」が効くようになります。

さっそく、試し乗りで3000回転で効く「Vブースト」を試したのですが・・・これはすごいです!
あまりの加速感に思わずビビッてしまいました・・・

他のカスタムパーツの値段より安く、かつ値段以上の効果が得られるのでイチオシのカスタムです!

リムテープで見栄えがアップ&安全性もアップ

これは「VMAX」を購入した時すぐに行ったカスタムです。

お世話になってるバイクショップに在庫があったので、購入して自分で貼ろうとしたんですが
これがなかなか難しく、折角買ったのに一本無駄にしてしまいました・・・

最終的にバイクショップのおっちゃんに頼んで貼っていただきました・・・

特にバイクの性能があがるようなカスタムではないのですが、蛍光テープになっているので、夜などに視認性のアップが期待できそうです。
まぁあとは単純にカッコいいというのが、このカスタムの重要なところでしょう。

カスタムパーツまとめ
・ニーグリッププレート
・ガイラシールド
・デルケヴィック製マフラー(楕円形350mmカーボン)
・Vブーストコントローラー
・リムテープ(赤)

以上が私が施したカスタムの一覧です。他にも細かいカスタム(オーバーヒート対策)等はしてあるので、気になった方はこちらへ

VMAXのオーバーヒートの原因と対策について

この記事が皆さんの役に立てれば幸いです。

-バイク

執筆者:


  1. リンガー より:

    こんにちは!
    vmaxのデルケヴィックのサイレンサー350mmの排気音情報を探しているのですが、どのような感じでしょうか?
    スラッシュカットや短いサイレンサーでは爆音と聞きますが上品な音だといいのですが

    • doriyan より:

      350mmは純正マフラーと比べて低音が増しているように感じますね
      バッフルを外すとさらに低音がいい感じになります

      ただ私のvmaxは、これを装着したらアフターファイヤーが目立つようになりました

      もしお急ぎでなければ、youtubeに排気音をアップしますので、参考にしてみてください

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイクの総排気量毎の特徴やメリットとデメリットは?バイク購入の参考に

  バイクを購入する際の重要なポイントに「総排気量」というものがあります 「排気量」とはウィキペディアによると “内燃機関の燃焼行程に関わる容積の大きさを示す数値で、エンジンの性能指標のひと …

VMAXは低身長でも乗れる? 足つき対策と重量感について

怒涛の加速というキャッチコピーと共に登場した「VMAX」 初代は販売から30年が過ぎようとしていますが、今でも熱狂的な支持を集めているバイクの一つです そしてVMAXといえば「重い」「ゴツイ」「取り回 …

梅雨でもバイクに乗るぞ!対策や役立ちアイテムを紹介

朝や夜はまだ冷えますが、昼頃は走っていて気持ちが良い季節になってきましたね しかし あと2か月もすると天気予報に「傘マーク」がズラッと並ぶ季節がやってきます 「梅雨」です・・・ せっかくツーリングを予 …

VMAXのオーバーヒートの原因と対策を紹介

私が「VMAX」を買って初めて直面した問題が「オーバーヒート」でした。 買う前から「VMAXは熱ダレしやすい」ということはネットで調べて分かっていたのですが・・・ あいにく私が「VMAX」を買った時期 …

コキアパークの見頃や営業時間 入園料は?ツーリングの目的地には最適?

もうすぐ「ツーリング」するのが気持ちいい季節がやってきますね。 週末になると、たくさんのライダーさん達を見かけるようになりました 私のバイクもそろそろ冬眠から目覚める時が近づいてます ところで、皆さん …

検索

カテゴリー

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31