ドリアンの備忘録

日々の生活のお役立ち情報や趣味の話をしています

観光

栗拾いが楽しめる東海エリアのオススメスポット5選 

投稿日:2017年7月4日 更新日:

秋と言えば食欲の秋

秋の味覚の代表と言えば「栗」や「マツタケ」です。

マツタケはなかなか気軽に取りに行けるもんじゃないですが・・・

栗は私が住んでる田舎だと道端に落ちてたりするので気軽に栗拾いを楽しんでる方がたくさんいらっしゃいます。

今回はがっつりと栗拾いを楽しみたい方の為に、東海エリアでオススメの栗拾いスポットを紹介します。

スポンサーリンク

東海エリアオススメ栗拾いスポット5選

<滋賀県>
高島市マキノ農業公園 マキノピックランド
<電話>
0740-27-1811
<営業時間>
9:00~18:00(11月以降は17:00まで)
<定休日>
水曜日(祝日の場合は翌日)
<期間>
9月中旬~10月下旬
<料金>
大人(中学生以上):1600円(1kgお土産付き)
中学生以下    :800円(500gお土産付き)
<制限時間>
なし
<予約>
団体のみ前日までに予約が電話にて必要
<駐車場>
160台:無料

園内には大きな果樹園が広がっており、栗拾いの他にも「ぶどう狩り」やリンゴ狩りも楽しむことが出来ます

自家製ジェラートやバーベキューが出来る施設も充実しており、秋のレジャーを楽しむのにオススメの場所です。

また、マキノピックランド前を走る県道287号沿いはメタセコイアの並木が広がっています

メタセコイアは季節によって様々な表情が楽しめますが、特に秋の黄金色に染まったメタセコイアは一見の価値ありです♪

<愛知県>
足助みたち栗園
<電話>
0565ー62-3855
<開園時間>
9時30分~17時(受付は15時30分まで)
<定休日>
期間中は無休
<期間>
9月2日~10月15日
<料金>
当日券:大人2500円(1kgのお土産付き)
当日券:子供(小学生)1800円(500gのお土産付き)
※小学生未満は入場無料
<制限時間>
なし
<予約>
団体のみ前日までに電話予約が必要
<駐車場>
100台:無料

東京ドーム13個分という広大な敷地に約9千本もの栗の木が生えている足助みたち栗園は、子供向けの遊び場も用意されているのでファミリーで栗拾いを楽しみたい方におすすめのスポットです

あっという間に袋が一杯になるほど、栗が沢山落ちているので是非大粒の栗を探してみてください♪

また、拾い終わった後は受付にて「山菜栗弁当」が貰えるので、栗拾いを楽しんだ後はお弁当を自然の中で食べるのもよし、持って帰るもよしです。

<注意>
こちらで栗拾いをする際に注意したいポイントは山の中に入って栗拾いをするため
栗拾い中はトイレが近くに無いという事
険しい場所があるため、靴はスニーカーや運動靴といったものを履いてくること
怪我を防ぐ為に長ズボンを履いてくるのがオススメ

<岐阜>
山本農園
<電話>
0573ー69ー3355
<営業時間>
9:00~17:00
<定休日>
9月中は無休(10月以降は不定休)
<期間>
9月上旬~10月中旬
<料金>
大人:1400円(お土産付き)
子供(4歳~小学生):700円
幼児:400円
<制限時間>
なし
<予約>
電話にて予約が必要
<駐車場>
30台:無料

スポンサーリンク
小高い丘に2万㎡もの広大な果樹園が広がり、りんご、ぶどう、栗と味覚狩りが楽しめます。
きちんと手入れされている敷地内なので急な斜面もなく、お子さんも安心して楽しめます。

また、9月、10月は葡萄も栗もリンゴも楽しめる時期なので、行かれるならこの時期がオススメですよ♪

また、スタッフの方によるレクチャーを受けれる為、初心者の方でも栗拾いを楽しむことが出来ます

<岐阜>
中津川観光栗園 いが栗の里
<電話>
0573ー62-2277
<営業時間>
9:00~16:00
<定休日>
期間中無休
<期間>
2016年度
9月10日~10月2日
<料金>
大人:1600円(お土産付き)
子供(小中学生):900円
<制限時間>
約1時間
<予約>
不要
<駐車場>
40台:無料

栗きんとん発祥の地として有名な中津川にある、いが栗の里では、美味しい栗を拾ってもらうため

栗が最も多く取れ、最も美味しい1カ月間を栗拾いの期間としています。

栗菓子の材料に使われる上質な栗を収穫できるスポットです♪

2017年からいが栗の里の場所が変更になったため、こちらにサイトマップのURLを載せておきます
いが栗の里アクセスマップ

<三重>
ねりき園
<電話>
059ー245-2910
<営業時間>
9:00~17:00
<定休日>
期間中無休(雨天の場合は休園)
<期間>
9月中旬~10月上旬
<料金>
量り売り(1kgの場合、1080円)
<制限時間>
なし
<予約>
不要
<駐車場>
50台:無料

テレビなどでも紹介されたことがある三重県津市にある「ねりき園」

予約が不要な栗拾いを楽しめるスポットです♪

拾った栗は量り売りで好きな分だけ持ち帰ることが可能

また、栗拾いの他に時間無制限で食べ放題のミカン狩りや柿狩りも楽しめるスポットとなっています♪
ミカン狩りは10月下旬~12月下旬まで
柿狩りは10月上旬~10月下旬まで

栗拾いに持っていくと良いモノ

「長袖」「長ズボン」
蚊に刺されたりしないように長袖、長ズボンを着ていきましょう。
しかし、まだまだ残暑が厳しい季節なので、栗拾いが終わった後は着替えなどをしておくといいですよ

「虫よけスプレー」
栗畑には蚊などの虫がいるので、虫よけスプレーをしてから栗拾いをしましょう。

「スニーカー」
場所によっては山の中に入ったり、雨などで土がぬかるんでいる場合があるので、しっかりとした靴を履いていきましょう。
また、サンダルやヒールはイガを踏んでしまうと怪我する可能性があるので、栗拾いに行く際は履いていくのは止めておきましょう。

「軍手」「トング(火ばさみ)」
イガを直接、手で触ると刺さる場合があるので、軍手やトングを利用して栗拾いしましょう。
トングは貸し出しをしている場所もありますが、借りれない場合に備えて持参するのが良いでしょう。

「帽子」
秋とはいえ、残暑が厳しいので日中の栗拾いには「帽子」を被るのをオススメします

「ピンセット(毛抜き)」
イガのトゲが刺さってしまった場合、トゲを抜く際に必要になってきます。

「絆創膏」「消毒液」
転んだり、栗のトゲで怪我をしてしまった場合のために持っていくと便利ですよ

まとめ

以上東海エリアでオススメの栗拾いスポットを5つ紹介させていただきました

秋の味覚の代表「栗」

栗拾いを楽しんだ後は、自宅で美味しい「栗ご飯」や「栗きんとん」「甘露煮」などを作って秋の味覚を存分に味わってみてはいかがでしょうか?

-観光
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

長岡まつり大花火大会2018の日程と見所を紹介

日本の夏の風物詩「花火」 夏の夜を彩る花火はとても美しいですね 夏の時期は、日本各地で行われている花火大会ですが 無数にある花火大会の中から「歴史」「規模」の大きさなどから、3つの花火大会がいつしか「 …

浅草酉の市2017の日程は?混雑具合と屋台の営業時間について

ニュースでも毎年取り上げられる「浅草酉の市」 今年は酉年ということもあり「大酉の市」が開催され お祭りが3回ある「三の酉」でもあります 12年に一度の「大酉の市」は例年より大勢のお客さんで賑わいます …

美濃和紙あかりアート展2017の日程とアクセスや駐車場について紹介

今年で24回目となる美濃和紙あかりアート展の日程やアクセス、駐車場の情報を紹介しています。 スポンサーリンク うだつの町並みという風情ある街並みを全国から募集した「あかりアート」作品が幻想的に照らす光 …

東海地方で人気の花火大会7選!2018版 日程や見所を紹介!

2017年も夏の夜空を彩る「花火大会」がやってきました! 今回は私が住む「東海エリア」で人気の「花火大会」を7つピックアップしました。 各花火大会の日程や見所を紹介していきます。 今年の花火大会はどこ …

モネの池の見頃や時間帯 撮影のポイントなどを紹介!

週末は観光客の方で賑わっている「モネの池」ですが 実際に見てみると。ネットや雑誌で見た光景と違うな~と思われる方もいると思います。 スポンサーリンク ということで、今回は「モネの池」に行って後悔しない …

検索

カテゴリー

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31