ドリアンの備忘録

日々の生活のお役立ち情報や趣味の話をしています

花火大会 観光

熊野花火大会  有料浜席や穴場スポット 帰りの交通情報について

投稿日:2017年6月19日 更新日:


300年もの歴史がある熊野大花火大会はスケールも圧倒的!

三重県熊野市の七里御浜で開催される「熊野大花火大会」はお盆の初精霊供養の灯籠焼きや追善供養の打ち上げ花火が始まりと言われています。

「熊野花火大会」の見所はたくさんありますが、やはり一番のオススメはフィナーレを飾る「鬼ヶ城大仕掛け」です
鬼ヶ城大仕掛けとは、鬼ヶ城の岩場に花火玉を置き、そのまま自爆させます。空に打ち上げる花火より爆発の距離が近いので、ド迫力の衝撃波が伝わってくる花火好きなら一生に一度は見物したい花火です!

他にも
海上を走る船から花火を次々と投下していく「海上自爆」
沖合から600mもの半円の花火が炸裂する「三尺玉海上自爆」
など熊野ならではの名物花火が見所!

熊野花火大会が綺麗に見える場所


有料浜席
会場の中心に用意された有料席は、打ち上げポイントの3か所すべての花火が見物できる絶好のスポットになっています(有料なので当然ですが・・・)
ただし、この有料席は毎年人気で売り切れるのが早いです。早めに購入しておくのがオススメです
※ちなみに有料席を確保できても、午後から周辺道路が渋滞し始めます、最悪渋滞に巻き込まれて会場に間に合わないという場合もありますので、早くてもお昼12:00頃には現地に到着しておきましょう。

※有料浜席の情報は下記にて

有料席周辺
七里御浜の有料席周辺がおすすめですが、毎年混雑するのでこちらで見たい場合は、早くても15:00頃までには場所を確保しておくようにしましょう。
ここ周辺には屋台も沢山出店しているので、花火大会の気分を高めてくれる場所です。

スポンサーリンク

獅子岩付近の海岸

会場の中心部からは少し離れてしまいますが、花火のスケールは十分楽しめる場所になっています。
ちなみに「獅子岩」は世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録されています。
※花火の光で浮かび上がる獅子岩のシルエットを写真に収めようとカメラマンの方が陣取り合戦を繰り広げる場所でもあります。

獅子岩から南側
会場からかなり離れてしまい「鬼ヶ城大仕掛け」の迫力はあまり感じられませんが、花火全体を眺められる場所ではあります。
※人混みはあまり好きじゃない方や、お子さんと一緒の方はこちらなら人混みに揉まれる事もないのでおススメですよ

気になる当日の交通情報

当日は、熊野尾鷲道路および会場周辺の道路で交通規制があります。
正午から市街地への侵入規制が開始、会場周辺はお昼頃から渋滞が出始めます。
さらに、夕方になると「国道42号線」は20km以上の渋滞が発生する場合あり。
せっかく会場に来ても交通規制や渋滞にハマってしまう可能性があるので、交通規制や渋滞に巻き込まれないように早くて12:00頃には現地に到着しておきましょう。

※電車でお越しの場合は「最終電車のチェックを忘れずに!」
去年2016年は名古屋への最終便として
「JR熊野市駅23:47発ー名古屋駅3:18の特急ワイドビュー南紀」
「JR熊野市駅0:26発ー名古屋駅4:28着の臨時快速」が運行されました。
今年の運行時間については去年と異なる場合があるので、要チェックです!

※やはり一番の難所は花火大会が終わった後の帰り!
2016年は約14万人の方が花火会場に訪れました、その14万人が一斉に帰るとなると、当然大渋滞が起こります。
特に国道42号線は上記でも述べたように大渋滞が発生します、大会運営は「公共交通機関」の利用をオススメしています。
どうしても車で行く場合、帰りは車中泊するなどして渋滞が解消するのを待つのがストレスもなく仮眠をとって疲れも取れるのでおススメです。渋滞は例年解消まで3時間ほど掛かっています。

有料浜席について

2017年の有料浜席情報
<発売>6月30日(金)~
<料金>有料浜席1マス(5名用)10000円
半マス(2名用)6000円
※楽天チケット、ちけっとぴあ、熊野市観光協会の窓口などにて販売

まとめ

今回は、熊野大花火大会のオススメスポットと当日の交通情報などを紹介させていただきました。

やはり人気の花火大会は、現地に着くのも一苦労、帰りも更に一苦労と、十分対策を練っておく必要があります。

今回の情報が熊野花火大会に行かれる方の参考になったなら幸いです。

-花火大会, 観光

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

紅葉の穴場スポット 岐阜の川浦渓谷の見頃やアクセス 周辺スポットを紹介

だんだん紅葉の季節が近づいてきましたね 周りの山も緑一色から、徐々に鮮やかな赤や黄色に変化しつつあります♪ みなさんは今年の紅葉狩りはどこにいかれますか? スポンサーリンク 岐阜で有名な紅葉スポットと …

2019年 秩父夜祭 山車や花火など見どころや混雑具合について解説

2016年に「世界文化遺産」に登録された秩父夜祭 「祇園祭」「高山祭」とともに「日本三大曳山祭り」に数えられる、由緒あるお祭りです 当日は国指定重要有形文化民俗文化財の2台の傘鉾と4台の屋台(山車)が …

山形大花火大会に最も近い温泉宿は?会場への移動手段と穴場スポット

今年も山形大花火大会が開催されます! 山形県で最大規模の花火大会でもある今大会では、2時間で1万5000発以上の花火が打ち上げられ夜空を彩ります。 今回はこの花火大会を見に行くにあたり、宿泊を予定され …

さっぽろ雪まつりの見所、大雪像とは?子供と見るなら何時がおすすめ?

北海道を代表するお祭りの一つ「さっぽろ雪まつり」 スポンサーリンク 日本のみならず世界中から大勢の人が集まるイベントです 今回は「さっぽろ雪まつり」で最大の見所「大雪像」について紹介したいと思います …

2019 第74回全国花火大会の日程とオススメ穴場観賞スポット

令和を迎えて初の全国花火大会、今年で74回目を迎える本大会では「ライジング」をテーマに新たな時代の幕開けを音と光で表現! 打ち上がる花火の数も全国でトップクラスなため、毎年大勢のお客さんで混雑する大会 …

検索

カテゴリー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031