ドリアンの備忘録

日々の生活のお役立ち情報や趣味の話をしています

モネの池 観光

モネの池を上手く撮る方法 ベストポジションや撮影タイミングについて解説

投稿日:2017年5月22日 更新日:

岐阜県の新名所「通称:モネの池」

ゴールデンウィーク中は毎年大渋滞が起きているようですね・・・
というのも、モネの池までの道は、所々車幅が1台分くらいしか無い場所があるので、大きい車で行かれる方は注意が必要です。

さて、本題のモネの池を綺麗に撮る方法ですが。

特に県外からお越しの方は要チェックです!

スポンサーリンク

モネの池を綺麗に撮る方法

せっかく「モネの池」に行っていざカメラで撮影しようとしても、意外と上手く撮れないって方が多いです。

わざわざ何時間もかけて来たのに、上手く撮影できないと悔しいですよね
※本当に「見るだけ」が目的で行く場合は今回のお話は聞き流してください(^^;)

という事で、私自身が何回も足を運んで「考えたり」「聞いたり」した「モネの池」を綺麗に撮影する方法を伝授します!

「モネの池」撮影のベストポジション!

モネの池を撮影するといっても
「スマホ」で撮影するのか?
「一眼レフ」で撮影するのか?
という問題がありますが・・・

実は「あるポジション」で撮影するなら

「スマホ」だろうが「一眼レフ」だろうが綺麗に撮れるポジションがあるのです!

※橋の対面側が一番きれいに撮影できるポイントです!

赤まるで囲んだ場所が、一番綺麗に撮影できるポジション!

行くと分かるんですが「モネの池」は意外と小さいです・・・
なので端っこなどで撮影すると余計なもの(草や沈殿物や人)が映り込んでしまいます。
その為に、なるべく池の中央で撮影できる「橋の対面」が撮影するのにベストなポジションなのです

綺麗に撮影するためにベストな天候や時間帯は?

天候
やはり天気は「晴れの日」がベストです!欲を言うなら「無風状態」良いですね
風が強いと水面が波打つので、水底が綺麗に見えなくなってしまいます
もう一つ注意が必要なのが太陽が昇り切ったお昼時などは太陽の輝度が高すぎて、太陽の光を水面が反射してしまいます。
この状態で撮影すると、池が真っ白になってしまいます。

※こんな感じ もはやただの「溜め池」です・・・

※あまりよろしくない天候
雨が降り続いたあとの「モネの池」は高確率で濁ってます・・・
雨で土が流され池に流入するため、泥で濁ってしまうんですね
ということで、雨が降ると「透明度」が回復するまで数日かかる時もあります。

なるべく「モネの池」に行くときは晴れの日が続く日を狙っていくのをオススメします(^^♪

スポンサーリンク

時間帯
撮影にベストな時間帯は

午前中の10時まで!

先ほども述べたように10:00を超えるとら太陽の光が強くなる為、光の反射が強くなってしまいます。

地元の方に聞くと、やはりこの時間帯に見に来ている方が多いそうです。
※夏の季節なら6時ごろからでも、日が昇ってるので綺麗に見えるそうですよ(^^♪

その時間帯なら、人もそこまで多くないので撮影には楽な時間帯でもありますね

もう一つ欠かせないポイント!
池を泳いでる「鯉」を入れるようにしましょう!
池だけでも透明度が高く綺麗なんですが・・・
せっかくなので「鯉」を写真に加えることで、池の透明度と鯉の模様がとてもマッチしてさらに美しく撮影することができますよ(^^♪

池のみの写真
※ちょっと殺風景ですね(^^;)

上記の条件を押さえて撮影すると・・・

この写真は実際に私が、上記の条件下で5月の下旬に撮影した一枚です(一眼レフで撮影)

一眼レフで撮影しましたが、スマホでも同条件下ならこれに匹敵する写真を撮影することが出来ます(^^♪

こちらが「スマホ」で撮影した一枚

意外とスマホの方が綺麗か?

どうでしょうか?
色合いの違いはあるものの、意外と「スマホ」も「一眼」も変わらないんじゃないでしょうか?
※細部に注目したり、画像を引き延ばす場合は「一眼」の方が圧倒的ですが・・・

まとめ

綺麗に撮れる条件とは?
・橋の対面側から撮る!
・天気は晴れの日を狙う(ベストは晴れの日が続いている)
・時間帯は午前10:00までがベスト
・写真には「鯉」を挿れるとより綺麗になる

この4ポイントを押さえて撮影れば、上記の写真よりも綺麗な写真を撮影することが出来ます(^^♪

※おまけのポイント!
もう一つポイントとして
池の透明度が上がる時期は「5月」頃からです

さらに「モネの池」の通りは「アジサイロード」という場所で
6月はアジサイが通りの両脇に咲き誇ります。
こちらもなかなか綺麗なので、オススメですよ(^^♪

-モネの池, 観光
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一度は見たい!岐阜の淡墨桜2018の見頃やアクセスについて紹介

全国的に有名な岐阜の「淡墨桜」 桜の種類の中でも最上位と云われる品種で、蕾のときは淡いピンク、満開は白色 そして「淡墨桜」と言われる所以の、散り際時に特異の淡い墨色を帯びてくるのが特徴です。 シーズン …

第56回美濃市中日花火大会の日程や穴場スポットを紹介

今年で第56回を迎える「美濃市中日花火大会」 スポンサーリンク 美濃橋下流で打ち上げられ、メッセージ花火やカウント花火など見所たくさんの花火大会に是非行ってみてはいかがでしょうか? 美濃の山々にこだま …

土浦全国花火競技大会2017年の日程と見所を紹介

  日本の夏の風物詩「花火」 夏の夜を彩る花火はとても美しいですね スポンサーリンク 夏の時期は、日本各地で行われている花火大会ですが 無数にある花火大会の中から「歴史」「規模」の大きさなど …

日中線記念自転車歩行者道の桜の見頃や混雑、駐車場について解説

福島県で人気ナンバーワンを誇る桜の名所「日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜」 この遊歩道は、かつて「旧国鉄日中線」だった跡地の一部を遊歩道として整備したもので 花見の時期になると、約3kmに渡り100 …

全国選抜長良川中日花火大会の場所取りと駐車場について

今年も岐阜の花火大会で最大規模の花火大会「全国選抜長良川中日花火大会」が開催されます! 岐阜を代表する花火大会なだけに、例年たいへん混雑する花火大会です、 特に遠方からお越しの方は、場所取りや駐車場の …

検索

カテゴリー

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31