ドリアンの備忘録

日々の生活のお役立ち情報や趣味の話をしています

花火大会 観光

岡崎花火大会2018 穴場スポットは?周辺のグルメスポットは?

投稿日:2017年6月19日 更新日:


正式名所「岡崎城下家康公夏まつり」の第69回花火大会について紹介していきます

市内2か所の河川敷から打ち上げられる花火が岡崎城を背に咲き乱れます

徳川家康生誕の地「岡崎」が誇る全国でも有数の花火大会でもあり、昨年は50万人も訪れています。

この「花火大会」をバッチリ楽しむために、オススメポイントを4か所紹介させていただきます。

オススメポイント4選

混雑必至の激戦区だが抑えれれば、最高のベストビュー

<殿橋南側>

桟敷席の対岸にあたるポイントは、花火を見るには絶景ポイントです

しかし、毎年この場所は場所取りの激戦区になっているので、今年も場所取り合戦が繰り広げられるでしょう・・・

ここで見る為には、遅くても15:00までには到着するようにしましょう!間に合えば少人数のスペースは確保できるはずです。

※この場所での立ち見は禁止されているので注意しましょう。


 

ゆったり花火見物をするならここ!

<岡崎中央総合公園>

少し打ち上げ会場から離れているものの、公園内はとても広いため、花火をのんびり見物するならとっておきの場所ですよ

この場所は高台にあたるので、花火を楽しみつつ「岡崎の夜景」を楽しむことも出来るスポットなのです。

※駐車場も1500台駐車可能なので、余裕をもって行くこともできる場所です。


 

見晴らしの良いオススメの観賞スポット

<乙川河川敷テニスコート>

乙川河川敷庭球場の明神橋近くのテニスコートは当日花火観賞スポットとして開放されます。

15:00~16:00の間から徐々にシートで埋まり始める為、なるべくお昼過ぎ辺りから早めの場所取りをしておきましょう。

こちらではかなり迫力のある花火を見ることが出来るので、花火大会の空気を味わいたい方にはおススメです。


 

ド迫力の花火を楽しめる人気のスポット!

<岡崎公園>

打ち上げ会場に近いので、花火の爆音を楽しめる場所です。

当然人気のエリアなので、混雑は必至!

交通規制が開始されると、こちらに辿り着くのも遅れる可能性があるので、夕方16:00頃には到着できるようにしましょう。

※16:00頃なら、比較的場所を確保できる余裕はあります。

花火大会が始まる前の暇つぶしに周辺のグルメ・観光スポットを紹介

場所取りも終わり、あとは花火大会が始まるのを待つだけ!

しかし、何時間も待っているのはつらいので、周辺のスポットを周って暇つぶしをされてはいかがでしょうか?


 

名鉄東岡崎駅~殿橋で屋台巡り!

スポンサーリンク

名鉄東岡崎駅から殿橋までの道沿いには屋台がたくさん並んでいるので、屋台巡りをして時間を潰されてはいかがでしょうか?

地元名物の「八丁味噌グルメ」を使ったお店もあるので、「八丁味噌グルメ」を楽しみたい方にはオススメです。

※花火大会の時間が近づくと、この周辺は大変混雑するので、食べ物などの買い出しは早めに済ましておきましょう(^^♪


 

味噌グルメが楽しめる「カクキュー八丁味噌(八丁味噌の郷)」

八丁味噌の熟成蔵や味噌作りの様子を再現した資料館や工場見学ができます。

さらに隣接する食事処では「八丁味噌」を使った料理やデザートを楽しむこともできます(^^♪

オススメは「味噌ソフトクリーム」です(^^♪

※味噌の味がダイレクトにきますが、癖はなくあっさり食べれます。


 

揚げたてのから揚げを食べるなら「暴れん坊チキン」

化学調味料を一切使っていない「から揚げ」は絶品です!

から揚げの美味しさを競うイベントでは金賞を何度も受賞するなど、名実ともに折り紙付きの名店です!

大会当日には限定の「花火オードブル」も販売されます。

オススメはもちろん「から揚げ」です。

※タレは塩ダレ・甘ダレ・八丁味噌・柚子こしょうなどお好みのタレを選ぶことが出来ます。


 

お昼がまだなら「Pizza&Pasta il Forno」でイタリアンランチを

打ち上げ会場からは少し遠いですが、地元のお客さんたちから人気のお店です(^^♪

イタリア料理を独学で覚えたというオーナーさんは、1カ月に1度名店を食べ歩くなどして、試行錯誤を重ねた料理を提供してくれます。

オススメは石窯で焼いた「ピッツァ」です!


 

釜揚げうどんの元祖として知られる老舗「大正庵釜春 本店」

手打ち麺とこのお店でしか味わえないつゆが絶品!

モチモチとした食感の手打ち麺に、地元の八丁味噌を使った「八丁味噌まぜめん」や「味噌煮込みうどん」がオススメですよ(^^♪

※私は「味噌煮込みうどん」が好きです・・・


 

三河武士のやかた家康館で歴史を知る!

関ケ原の戦いを再現するジオラマや、家康の生涯、家康を支えた三河武士たちの歴史を知ることが出来る観光スポットです。

見所は「直径7mの可動式ジオラマ」で関ケ原の戦いの再現です!歴史好きの方は是非お越しの際はご覧になってみて下さい!

まとめ

今回はオススメの鑑賞スポットと、周辺のグルメ・観光スポットを紹介させていただきました。

初めてこの花火大会に行かれる方などの参考になれば幸いです。

-花火大会, 観光

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

九華公園の桜 周辺の駐車場や2018年の開花時期について 

「海道の名城」と称される「桑名城の本丸跡・二の丸跡」にある 「九華公園」は三重県の桜の名所として知られています 「桑名城」の名残を残すお堀沿いを満開の桜が彩り美しい光景を楽しむことが出来ます♪ 日没後 …

モアイ像!?岐阜の秘境で発見した人面岩の紹介

モネの池より、さらに奥へ進むと「川浦渓谷」という秘境があります たいていの人は「モネの池」で、Uターンして帰ってしまうため 「川浦渓谷」の存在を知る人は少ないかと思います ※「川浦=かおれ」と呼びます …

一度は観たい東海エリアの夜景スポット!アクセス方法や鑑賞ポイントを紹介!

皆さん夜景は好きですか? スポンサーリンク 「都会の夜景」や「工場夜景」など夜景にも色んな種類がありますが 私は岐阜県民なので「金華山の展望台」から見る岐阜の夜景が好きです 今回の記事では東海エリアに …

日本一の芋煮会フェスティバル2017の日程とアクセス方法などについて

目次・日本一の芋煮会フェスティバル2017の日程 ・日本一の芋煮会フェスティバルへのアクセス方法 ・会場で注意したいポイント ・まとめ 山形県で開催される「日本一の芋煮会フェスティバル」 開催される時 …

花火を綺麗に撮影する方法 一眼やスマホでの撮り方を紹介

夏のシーズンは「花火大会」に行かれる方も多いかと思います。 日本の風物詩でもある花火はとても美しいですね^^ その花火を見ているだけじゃもったいない! と思い「一眼」や「スマホ」で撮影しようとする方も …

検索

カテゴリー

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31