ドリアンの備忘録

日々の生活のお役立ち情報や趣味の話をしています

バイク

梅雨でもバイクに乗るぞ!対策や役立ちアイテムを紹介

投稿日:2017年4月3日 更新日:

朝や夜はまだ冷えますが、昼頃は走っていて気持ちが良い季節になってきましたね

しかし

あと2か月もすると天気予報に「傘マーク」がズラッと並ぶ季節がやってきます

「梅雨」です・・・

せっかくツーリングを予定していても雨で延期や中止になったり、ツーリング中に降られて足止めを食らったりと、ライダーが憂鬱になる季節ですね

バイクに乗りたいのに車ばかり乗ってる日々が続き、せっかく冬眠から覚めたバイクは再び夏まで車庫で冬眠・・・

そんな方がたくさんいらっしゃると思います。

さらに普段出かける時の足がバイクしかない方は、毎日「カッパ」を着て頑張っていらっしゃるかと思います。

今回はそんな「梅雨」の時期にもバイクに乗る為の「対策」や「お役立ちアイテム」を紹介していきます。

雨の日のツーリング対策
ヘルメットは「フルフェイス」がおすすめ!!
「ジェット」や「半ヘル」「システム」などヘルメットにも色んな種類がありますが。
「ジェット」や「半ヘル」ではカッパを着ていても、ちょっとした隙間から雨が服にまで入ってきてしまいます。
「フルフェイス」なら隙間が少ない為、カッパの襟をしっかり首まで閉めれば、多少の雨なら十分濡れることなく走行することが出来ます。

「シールドの曇り」には注意!
雨で気温が下がると、ヘルメット内の温度と外気温の差が大きくなり、息をするだけでシールドが曇ってしまいます。
長~い信号待ちで、シールドが曇って危ない目にあった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そうなってしまうと対策はシールドを上げるしかなく信号待ちの間で顔がずぶ濡れになってしまう経験を私もよくしました・・・

「バイクショップ」や「ホームセンター」に行くと「曇り止め」の商品が売っており、値段もそんなに高い物じゃないので
いざという時の為に一つくらい買っておくのがおススメです。

知る人ぞ知る裏ワザ
「食器用洗剤(いわゆる中性洗剤です)」が「曇り止め」に有効なのはご存知でしょうか
シールドを外して「洗剤」で洗うと、結構「曇り止め」の効果を実感できます。
私も「曇り止め」が家にないときは「食器用洗剤」で代用しています。

どうしようもない「豪雨」の時はやめよう!
せっかく何日も前から計画していたのに、当日雨になってしまい。
さらにバケツをひっくり返したような「豪雨」
さすがにこんな日は「中止」にしましょう!
たま~に「どしゃ降り」でも頑張って走っておられるライダーの方がいらっしゃいますが。
対向車からの水しぶきや雨による体温の低下で、風邪をひいたりと良いことないし、それよりも命の危険があるので私はこうゆう日はさすがに乗りません。

アプリの天気情報で雨雲をチェック

最近のスマホアプリには、GPSでピンポイントでで雨雲の状況を知ることが出来たり

有料で数十分後の雨雲の動きを知ることもできるアプリも配信されているので、こうゆう便利なアプリを使えば事前に対策が打てますね。
私も「アメミル」というアプリを使っていますが、かなり重宝しています。

白線やマンホールは避けよう!
私も何回か「ヒヤッ」としたことが何回かあります。
雨で濡れた「白線」や「マンホール」は乾燥した路面と比べてかなり滑りやすくなっています。
この上でブレーキを掛けると、かなりの確率でバランスを崩して最悪こけます。

サビには要注意!!
雨に濡れたバイクを拭かずにおくと当然金属部分がサビます。
走り終わったら、すぐに車体に着いた水分を取り除きましょう。ただしエンジン部分やエキパイなどは高温になっているので火傷には十分注意してください。

あと「梅雨」の季節は結露が起きやすい季節なので、ガソリンタンクはなるべく「満タン」にしておきましょう。

スポンサーリンク

「車庫」など室内保管が出来る環境なら、結露や雨に濡れる心配は少ないですが

どうしても室内保管できない場合は「バイクカバー」をするようにしましょう。

雨の日の役立ちアイテム

レインウェアや防水ブーツはバイク用を買おう

ちょっと近所のコンビニに行くときなどは、普通の雨カッパでもいいかもしれませんが

長距離走行時は普通の雨カッパだと、途中からムレムレ状態で防水性も高くないので、かなり悲惨な事になります。

やはり雨天の走行は「バイク用」に設計された「レインウェア」が一番です。

バイク用のレインウェアは高機能な分、値段は高いかもしれませんが、普通の雨カッパよりもはるかに快適です。

走行風で「バタバタ」しないように「アジャスター」が装備されていたり

首の部分から雨が侵入しないような工夫がされていたりします。

さらにムレ防止のために内部がメッシュになっていたりと、これ一枚有るのと無いとでは「雨」の日の走行はかなり違ってきます。

靴選びも重要で、雨の日に普通の靴で走ってると簡単に濡れてしまい、靴下が濡れたままの走行はかなり気が滅入りますね~

「ネットショッピング」や「バイクショップ」に行くと「防水ブーツ」なる商品がたくさんありますが、やはりバイク用は値段もそこそこします。

ネットで「防水ブーツ バイク」などと調べるとすぐにヒットするので、一度調べてみるのもいいかと思います。

しかし、靴選びは実際に「現物」を見て自分に合った靴を選ぶのが一番なので、近くに「バイクショップ」がある方は一度見に行かれてはいかかでしょうか?

ブーツカバー
さらに「ブーツカバー」という靴の上から履くことが出来る商品もあり、これがあれば普通の靴を履いていてもこれさえ履けば濡れる事は避けることが出来ます。
これは私も一つ持ってますが、雨が降りそうなときは必ず持っていくことにしてます。

フッ素コーティングスプレー
やはり使い慣れた靴をどんな日でも使いたい!
という方の為に「フッ素コーティングスプレー」というアイテムがあります!
これは普通の靴に「スプレー」を吹きかける事により、普通の靴でも防水することが出来るという代物です。

ただし、あまりにも強い雨の場合はあまり効果はないので、注意です。
あと、値段がかなり高いので、私としては「防水ブーツ」を買った方がオススメですね。

スマホフォルダーも防水用に
カーナビ代わりに、スマホをバイクに装着している方は「雨が降ると」かなり焦るはず。
そうゆうときに備えて「防水用のスマホフォルダー」も販売されているので、一度チェックされてみてはいかかでしょうか?

タオルは2枚くらいは入れておこう!
いくら防水対策をしていても「濡れる時は濡れる」
ということで、そうなったときの為に「タオル」を数枚用意しておくのも良いかと思いますよ。
さらに濡れた車体をふくために「ウエス」などを持っていくのもいいですね。

まとめ
梅雨でもバイクに乗りたいときは、乗りたいもんです。
そうゆう時の為に「防水対策」をしっかりしておけば、「雨」の日だろうが快適に乗ることが出来きます!
良いバイク用のレインウェアや防水ブーツは、なかなか値段が張りますが

特に足が「バイク」しか無い方は、「ずぶ濡れ」になりながら走って風邪を引いてしまう事などを考えると、買う価値はあると私は思います。

さらに突然の雨でも「対策」がしっかりできていれば、憂いなしです。

今回私が紹介した「対策」や「役立アイテム」が「梅雨」の走行の役に立てれば幸いです。

-バイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コキアパークの見頃や営業時間 入園料は?ツーリングの目的地には最適?

もうすぐ「ツーリング」するのが気持ちいい季節がやってきますね。 週末になると、たくさんのライダーさん達を見かけるようになりました 私のバイクもそろそろ冬眠から目覚める時が近づいてます ところで、皆さん …

250ccのメリットデメリットは?燃費や維持費など

バイクにも様々な排気量のクラスがありますが、人気のクラスといえば やはり「250cc」ですね ツーリングでも大型バイクに混じって走っているのをよく目撃します。 しかも最近の「ツアラー」や「スポーツタイ …

バイクの総排気量毎の特徴やメリットとデメリットは?バイク購入の参考に

  バイクを購入する際の重要なポイントに「総排気量」というものがあります 「排気量」とはウィキペディアによると “内燃機関の燃焼行程に関わる容積の大きさを示す数値で、エンジンの性能指標のひと …

VMAXは低身長でも乗れる? 足つき対策と重量感について

怒涛の加速というキャッチコピーと共に登場した「VMAX」 初代は販売から30年が過ぎようとしていますが、今でも熱狂的な支持を集めているバイクの一つです そしてVMAXといえば「重い」「ゴツイ」「取り回 …

バイクのカスタム記録 VMAXのおすすめカスタムを紹介!

バイクを購入したら、やっぱりカスタムしたくなってきますよね♪ 「初代VMAX」は販売開始から30年ほどが経過しているので、様々なカスタムパーツが販売されています 私も何か所かカスタムを行いましたが「こ …

検索

カテゴリー

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31