ドリアンの備忘録

日々の生活のお役立ち情報や趣味の話をしています

お花見 観光

鶴舞公園の桜 2018年の開花情報 見頃の混雑状況と場所取りのコツ

投稿日:


名古屋のお花見といえば、真っ先に上がるのが「鶴舞公園」

「場所取り」が可能なため、桜の下で宴会を楽しめるのも人気の一つです!

しかし、大定番の人気スポットなので、見頃の時期の混雑具合が気になりますよね

場所取りに行ったら、空いてるスペースが無いなんてことも・・・

ということで、今回は「鶴舞公園」の「2018年の開花情報」

「混雑具合」や「場所取りのコツ」について解説していきます

今年「鶴舞公園」にお花見に行かれる方は、是非参考にしてみて下さい

スポンサーリンク

鶴舞公園の混雑具合

名古屋近辺にお住まいの方なら「鶴舞公園」は桜の時期は
「常に混雑しているスポット」という認識だと思います

「鶴舞公園」はアクセスが非常に良い場所にあるので、毎年大混雑が発生します

実際に私も何度か見頃の時期に訪れましたが、平日も休日も混雑していました

去年訪れた時は、咲き始めの頃でも人で溢れかえっていました・・・

「満開」の時期が近づくにつれ、混雑具合は酷くなり
場所によっては「自分のペース」で歩けないほどです

「週末」は混雑具合はさらに酷く、日没後も夜桜を見る方々で大混雑です

「平日」になると混雑具合は、少しだけ解消しますが
それでも愛知県や周辺の「お花見スポット」の比ではないくらい混雑します

ただし、散策や写真撮影が目的の場合は十分ストレスなく花見をすることができます

「桜まつり」期間中は屋台もたくさん出店されており「食べ歩きの食事」には困ることはないです

「レジャーシート」を敷いて場所取りをするなら、かなり入念な準備が必要になってきます!

場所取りのコツについて


「鶴舞公園」はなんといっても場所取り合戦で有名です

見頃の時期になると「場所取りのバイト」があるくらいです

ここ「鶴舞公園」は「無人での場所取りおよび縄張り」が禁止されているので
見頃の時期になると「徹夜組」や「始発組」が場所取りの為に頑張っているのを目にします
※私の友人(名古屋で勤務中)も以前に「徹夜」で場所取りを頑張っていました

<場所取りのコツ:時間
友人によると「10人くらい」なら午前5時~6時くらいに行っても場所取りは可能だそうです

ただし「20人以上」になると、徹夜は確実に必要で
前日には到着して、夜桜を楽しんでいる団体を見つけたら場所を終わった後に譲ってもらうよう頼んでみるのが得策!
こうやって場所を確保していき、人数分のスペースを確保するのが一番確実な方法です

<場所取りのコツ:場所取りに必要な人数
最低でも2~3人は必要です
※人数は多い方がいいです

3人いれば1人がトイレ休憩や仮眠しても、2人で周りを監視することが出来るので
気兼ねなく休憩することが出来ます♪

確保しているスペースが広ければ広いほど人数は多い方が良いです。
※たまに見ていない所でシートを剥がして、場所取りをしてしまう乱暴な方もいるので

<場所取りのコツ:防寒と暇つぶし
4月といえど、夜や早朝は冷え込みが強いので
場所取りの際は「防寒」と「暇つぶし」の道具があると心強いですよ♪

早朝組の方は「毛布」「ダウン」「首元や手首の防寒」「ホッカイロ」
徹夜組の方は上記のほかに「寝袋・シュラフ」を持って行くことをオススメします

<場所取りのコツ:トイレとゴミ箱の場所をチェック

トイレやゴミ箱が近くにあると、何かと便利です

お酒を飲むこともあると思うので、トイレが近くにあると非常に嬉しいです

また、ごみ箱が近くにあると「宴会で出たゴミ」もすぐに捨てられるので、便利です

場所取りの際は「トイレ、ごみ箱」の近くが確保可能なら迷わず取っておきましょう

スポンサーリンク

2018年の開花情報について


例年は「3月下旬~4月上旬」までが見頃の時期になります

「ウェザーニュース」によると

2018年の開花予想は
「3月25日」

開花後は
5分咲き:3月30日
満開:4月1日
散り:4月6日
となっています

予想通りなら「満開」となる4月1日は「日曜日」なので
4月の第1週は「大混雑」が予想されます

この時期に「場所取り」を計画中の方は、相当覚悟して望んでいきましょう!

まとめ

鶴舞公園は桜の時期は「休日」も「平日」も大混雑しています

公園内を散策するだけなら、あまりストレスは感じることなく花見を楽しめますが

「場所取り」を計画中の方は、しっかりと入念な準備をしてから、場所取り合戦に参加してください!

今年は4月第1週の日曜日が「満開」と予想されていますが

あくまで予想なので、「満開」の桜を見に行かれる方は、開花状況を逐一チェックしておきましょう

-お花見, 観光

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日中線記念自転車歩行者道の桜の見頃や混雑、駐車場について解説

福島県で人気ナンバーワンを誇る桜の名所「日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜」 この遊歩道は、かつて「旧国鉄日中線」だった跡地の一部を遊歩道として整備したもので 花見の時期になると、約3kmに渡り100 …

モネの池へのアクセスや駐車場について紹介 綺麗に池を撮る裏技も! 

岐阜県の新名所「名もなき池」こと「通称=モネの池」 週末は大勢の方がこの池を一目見ようと訪れます。 スポンサーリンク 天候や季節、時間帯などによって、池の表情が変わるためリピーターの方も多いです。 そ …

臥龍桜2018年の見頃と桜まつり、アクセスや駐車場などについて紹介

幹枝の形が「龍が伏した」姿に似ていることから由来している「臥龍桜」 見頃の時期になると数万人もの方々が花見に訪れる「飛騨高山」を代表する桜の一つです 今回は2018年の「臥龍桜」の見頃、花見の時期に行 …

高遠城址公園の桜 見頃の時期のアクセスと駐車場について解説

日本でも有数の桜の名所「高遠城址公園」 スポンサーリンク 有数の名所名だけあり、人の数もすごいです! そうなると気になるのが「渋滞」と「駐車場」です。 ネットで調べると、かなり恐ろしい渋滞が発生すると …

大津祭りってどんなお祭り?曳山や粽投げについて解説!

スポンサーリンク 今年も大津祭りの季節がやってきました! 「大津祭り」といえば「粽(ちまき)投げ」で有名ですが まだ「大津祭り」について詳しく知らない方へ今回は「大津祭り」の見所や「粽投げ」について解 …

検索

カテゴリー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728